実在する呪われた人形、アナベルにまつわる本気で怖いサイドストーリー

実在する呪われた人形、アナベルにまつわる本気で怖いサイドストーリー

 アナベルという名の人形をご存知だろうか。呪われた人形として、2013年の大ヒットホラー映画『死霊館』(ジェームズ・ワン監督)に登場し、さらに『死霊館』の前日譚&スピンオフ映画『アナベル』(ジョン・R・レオネッティ監督)では主役の座に躍り出た。アナベル人形の由来を描いた『アナベル』は、2014年10月から全米を皮切りに世界各地で公開され、観客を震え上がらせている(日本公開は2015年2月予定)。
 
 映画は2作とも実話に基づいているとされ、アナベル人形も実在する。映画で使用された恐ろしげなビスクドール風の人形とは異なり、実際のアナベル人形は、アメリカの国民的キャラクター「ラガディ・アン」の何の変哲もない布製の抱き人形だ。しかし今それは、悪魔払いを施されたうえで、米コネチカット州にある超常現象研究家のエド&ロレイン・ウォーレン夫妻のオカルト博物館に厳重に保管されている。
[画像を見る]
 アナベル人形の物語は、1970年にさかのぼる。大学で看護学を学んでいたドナという女性が、誕生日に母親からヴィンテージのラガディ・アン人形をプレゼントされた。当時、ドナはアンジーという名のルームメイトと小さなアパートに住んでおり、その部屋にはふたりの共通の男友達のルーもよく訪れていた。
[画像を見る]
 人形が家に来てから数日後、ドナとアンジーは奇妙なことに気づく。最初のうちは、すぐにはわからない程度だったが、人形の位置がいつも微妙に変わっているのだ。そしてある日、人形をカウチの上に置いて出かけたドナとアンジーは、帰宅してそれがドナのベッドの上に移動しているのを発見した。...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2014年10月28日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。