アメリカンホラー:その場所は既に呪われている。全米13の幽霊屋敷とそのサイドストーリー

アメリカンホラー:その場所は既に呪われている。全米13の幽霊屋敷とそのサイドストーリー

 写真家のセフ・ロウレス氏は素晴らしい廃墟の写真を撮影することで有名だ。彼は全米中を旅して歩き、誰も使うことのなくなったショッピングモールや工場、住宅などの写真を撮り続けてきた。
 彼の写真に切り取られた廃墟の数々は薄気味悪くも、どこか美しささえ感じさせる。そんな彼の作品から13軒の本物の幽霊屋敷と、その逸話をご紹介しよう。

■ 1. ホート・マンション(ミシガン州)
[画像を見る]
 1941年、この邸宅は富裕層向けの売春宿として利用されていた。数年後、この屋敷の地下に設えられた保存庫で数体の遺体が発見された。各遺体の腹部と胸の当たりには正確な円が描かれていたそうだ。

■ 2. セイヤー・ハウス(ケンタッキー州)
[画像を見る]
 両親が心中を果たしたこの家では、その後も4人の子供たちが10年以上も住み続けていた。

■ 3. ノヴァ・ハウス(オハイオ州)
[画像を見る]
 ノヴァ・ハウスは、誤って息子を銃で撃ってしまったベンジャミン・オルブライトが、1958年に後悔と自責の念から妻とともに銃で自殺を図った現場である。それ以来、買い取り手は見つからず、彼らの私物も残されたままになっている。

■ 4. テンプル・ホーンテッド・マンション(ミシガン州)
[画像を見る]
 この屋敷では1942年に3件の殺人事件が発生した。

■ 5. フーリー・ホーンテッド・マンション(テキサス州)
[画像を見る]
 1970年代、この屋敷に泊まった旅行者が変死を遂げるという事件が数度発生している。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2014年11月14日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。