一生に一度は立ち寄りたい。世界15の美しい駅

一生に一度は立ち寄りたい。世界15の美しい駅

 いつもは人混みをかきわけて、慌てて列車に駆け込むばかりの駅だが、じっくりと立ち止まってみると、その空間のあまりの美しさに気が付くことがあるだろう。世界には有名な建築家が設計した見事な駅も多い。
 ここでは、一度立ち寄ってじっくりと見るべき世界15の駅を見てみることにしよう。

■ 1. ポルトガル、リスボン オリエンテ駅
[画像を見る]
 サンティアゴ・カラトラヴァ設計で1998年に完成。

■ 2. インド、ムンバイ チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅
[画像を見る]
 フレデリック・ウィリアム・スティーヴンス設計。1887年開業。ユネスコ世界遺産に登録されている。ヴィクトリア時代のイタリア風ゴシックリバイバルとインドのムガールスタイルが合わさっている。

■ 3. 英国、ロンドン キングスクロス駅
[画像を見る]
 ルイス・キュービットの設計で1852年開業。巨大な鉄骨構造をフィーチャーした新しい西コンコースが作られ、2012年に刷新された。

■ 4. 英国、ロンドン セント・パンクラス駅
[画像を見る]
 キングスクロス駅近く、まぎれもないロンドンのランドマーク駅。鉄道の大聖堂と呼ばれている。ジョージ・ギルバート・スコット卿、ウィリアム・ヘンリー・バーロウによる設計で1868年開業。1960年代には閉鎖の憂き目にあった。

■ 5. ベルギー リエージュ・ギユマン駅
[画像を見る]
 2009年開業。サンティアゴ・カラトラヴァ設計。ガラスと鉄とコンクリートでできた高さ32メートルの見事なアーチを描く駅。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。