死者とともに。死体安置所の遺体を記録した写真 『死ぬことについて』

死者とともに。死体安置所の遺体を記録した写真 『死ぬことについて』

 
人間は死後、4時間から12時間の間に筋肉の硬直が始まる。それは首から始まり、四肢がありえない方向に曲がったりする。頭が硬直すると、まるで生きている人間が鳥肌がたつかのように、毛が逆立っていく。
 その後全身の細胞が最後の仕事を成し遂げ、体のメカニズムが徐々に停止する。遺体はこれ以上年をとることはないのだ。
 デンマークのオルフス大学病院の病理学協会の礼拝堂では、死者を受け入れている。服を着せ、髪をとかして、棺の中に彼らを安置すると、残された者は逝ってしまった人に最後の別れを告げることができる。
 ここでは老若男女の区別なく、皆、氷の上に横たわっている。もう彼らは気にすることもない。不運だったかもしれないが、そのときが来たから、ここにいる。この女性は自宅で亡くなっているのが発見された。解剖され、犯罪の被害者ではないことが確認されると、まもなく服を着せられ、棺の中に安置される。
[画像を見る]
[画像を見る]
 これら写真の死者たちは、あえて匿名にされている。デンマークの写真家、キャサリン・エルトマンの写真集 『死ぬことについて』 は、死者それぞれの物語ではなく、死は至るところにあるということを示そうとしている。それがこの一連の写真がとても心を打つ所以だ。
 それぞれが歩んできた人生の物語も含めて、ここまで死者に寄り添い、すべてを赤裸々に写真を撮ることで、エルトマンは、観察者、そして横たわる死者としての見る者にモルグでの居場所をつくる。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月30日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。