最近になってやっと解明された宇宙に関する10の謎

[画像を見る]
 天の川は重力によって銀河がまとまってできた巨大な銀河群だ。我々の住む銀河に最も近い銀河は矮小楕円体銀河と呼ばれ、天の川から1000光年隔てた矮小不規則銀河と同様に、星を形成する条件を満たしているのかどうかはこれまで謎だった。この遠方にある銀河には大量の中性水素ガスが存在しており、これが星を誕生させる原動力となっている。

 高感度電波望遠鏡で観察した結果、天の川の一定の境界内を周回する矮小銀河には、星を形成する水素ガスが存在しないことが確認された。その原因は天の川、より正確に言うならば、我々の銀河を取り巻く高温の水素プラズマのハローである。付近の矮小銀河が天の川を周回する際、その速度による圧力が中性水素ガスを散らしてしまったのだ。したがって、これらの銀河から恒星が生まれることはない。

■ 8. 暗黒物質の量
[画像を見る]
 最新の銀河形成理論であるΛ-CDMモデルによれば、天の川銀河の周囲に存在する伴銀河が肉眼で確認できるはずである。しかし、現実にはこれを視認することはできない。そこで西オーストラリア大学は、天の川の暗黒物質の量を測定することでその原因を究明することにした。

 暗黒物質が発見される以前の1915年に考案された技法を用いて、天の川の恒星の速度を詳細に調査し、暗黒物質の量が測定された。すると、我々の銀河にはこれまで考えられてきたよりも50パーセント少ない暗黒物質しか存在しないことが判明した。この結果に基づくとΛ-CDMモデルが予測する視認可能な伴銀河の数はたったの3つのみである。これは現実の観察とも一致している。

あわせて読みたい

記事提供社から

「最近になってやっと解明された宇宙に関する10の謎」の みんなの反応 5
  • にゃんこ 通報

    だいたい、宇宙は人類の予想、予測を裏切り続けている。まだまだ人類の手には負えない、宇宙を解明するには1000年以上必要だと思う

    28
  • たけ 通報

    宇宙の端っこに行ってみたい。何があるのか見てみたい

    21
  • なな 通報

    神が宇宙を司るのか?宇宙が神を司るのか?

    18
  • とうとう 通報

    ブラックホールに入りたいな。

    6
  • ビッグバンの燃えかす 通報

    光対消滅を免れた物質が宇宙を構成する

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。