事実はフィクションよりもすごかった。実在する9人の凄腕スナイパーたちとそのサイドストーリー

事実はフィクションよりもすごかった。実在する9人の凄腕スナイパーたちとそのサイドストーリー
[画像を見る]
 スナイパー(狙撃手)は、遠く離れた標的に狙いを定め、1発で撃ちぬく高度な技術を求められる訓練された戦闘要員である。敵陣の奥深く、3日間かけて2km先の目標まで匍匐前進で進み、生還を果たすなどということは実際に可能なのだろうか? 敵の司令官を仕留めるため、そんな荒技を成し遂げるプロ中のプロが存在していた。
 ここではその名を世界中に知らしめることとなった名スナイパーたちとそのサイドストーリーを見ていくことにしよう。

■ 1. 伝説となった米海兵隊のスナイパー、「カルロス・ハスコック」
[画像を見る]
(Source | Photo)
 カルロス・ハスコックは確認戦果93射殺を誇る、米海兵隊の伝説的なスナイパーだ。最も有名なものはベトナム戦争において、敵の勢力圏にある平野を3日間かけて2km先の目標まで匍匐前進で侵入したときの狙撃だ。日没後にカモフラージュで草原の中に潜んでいるとき、あやうく踏みつけられそうになったこともあったそうだ。また、毒蛇に噛まれそうになったため、狙撃ポイントを放棄したこともあったらしい。

 敵の司令官が野営地から現れると、胸を狙って引き金を引き、1発で命中させた。敵兵士が彼の捜索を始めたがあわてて走ったりはせずに、再び匍匐前進で無事帰還を果たしている。アメリカに帰国後は海兵隊のスカウト・スナイパー学校の設立に尽力し、後進の指導にあたった。

■ 2. 戦闘中の最長狙撃記録を持つ英近衛騎兵隊 「クレイグ・ハリソン」

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年1月8日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。