幽霊を見た?金縛り?その原因はレム睡眠中に起きる睡眠麻痺であることが判明(米研究)

幽霊を見た?金縛り?その原因はレム睡眠中に起きる睡眠麻痺であることが判明(米研究)

 一日の終り、ベッドに入り就寝した。ところが夜更け過ぎ、突如目が覚めた。すると部屋の中に潜む不気味な影が!悲鳴を上げようとしたが声が出ない。体も動かない。
 こんな経験をしたことはないだろうか?これは俗にいう金縛りというもので、幻覚を伴うために心霊現象に結び付けて考えられている。一生の内に約40パーセントの人が味わうと言われている恐怖体験であるが、この度、米カリフォルニア大学サン・ディエゴ校の研究者がその不可思議な仕組みを解明したと発表した。
 彼らによれば、体が硬直する現象は、レム睡眠中に目を覚ました為に起こる睡眠麻痺によるもので、幻覚が見えたのは、”自己”の神経マップを維持する脳内領域が混乱してしまうことが原因だという。
 研究チームの見解では、夢を見ていることが多いレム睡眠中に目を覚ますと、睡眠麻痺が起こりやすくなるという。レム睡眠は夜寝ている間90分毎に5~15分程度発生するものだが、この最中に覚醒すると、筋肉は麻痺したままとなる。これは夢を見ているときに眠りながら歩き出すことを防ぐための、進化の過程で手に入れた仕組みであるらしい。
 また、睡眠麻痺を体験したことのある人の中には、部屋の中にいる不吉な人影の存在や、胸に圧迫感を感じるケースもある。これは”自己”の神経マップを維持する脳内領域がかく乱されたと考えれば説明がつくらしい。

[画像を見る]
 「おそらく脳の一部には遺伝的に生まれつき備わった身体イメージ、すなわちテンプレートとでも言うべきものがあるのでしょう」と解説するのは、同大学の神経科学者バランド・ジャラル博士だ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年1月27日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。