ボルネオ島で謎生物騒ぎ。農夫が作業中に奇妙な動きをして這いずる不思議な生命体を発見。その正体は?※閲覧注意

ボルネオ島で謎生物騒ぎ。農夫が作業中に奇妙な動きをして這いずる不思議な生命体を発見。その正体は?※閲覧注意

 マレーシア、ボルネオ島サラワク州にある農園で1月下旬の早朝、作業中の農夫たちが奇妙な生き物を発見した。その生物は体毛がなく、地面を這いずるように動きながらヤシの葉から降りて沼地へ向かっていったという。
[動画を見る]
Strange creature freaks out plantation workers in Sarawak
 体毛がなく、黒ずんで痩せこけた体からあばら骨が浮き出ておりヤシの葉の上を這いながら沼地へと入って行った。手には鋭い爪があったという。
[画像を見る]
 農夫らは、これまで見たこともない奇妙な生き物に驚き、すぐさま撮影したそうだが、州の森林管理局、サラワク林業公社(SFC)に通知はしなかったという。
[画像を見る]
 ボルネオのゴラムだとか、チュカパブラだとか、ネット上では大変話題になっていたが、その後、ボルネオポスト誌がSMSを介してサラワク林業公社(SFC)に確認したところ、この動物は皮膚病にかかったマレーグマである可能性が高いことが判明したようだ。黒鼻と長い爪がクマの特徴と一致するという。
[画像を見る]
マレーグマ
 現在、一部動物愛護団体がこの動物を保護する動きを見せているそうだ。マレーグマは農作物を食害する害獣としての駆除や、毛皮や漢方薬目的の乱獲等により生息数は減少しているものの、人に対する凶暴性・危険性が、クマの中では一番低いため、生息地ではペットとして飼育されているケースもあり、特に子熊は、子供の良き遊び相手ともなっているという。

via:says

【ボルネオ島で謎生物騒ぎ。農夫が作業中に奇妙な動きをして這いずる不思議な生命体を発見。その正体は?※閲覧注意】を全て見る

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月9日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。