もし日本にいくのなら、知っておくべき日本の奇妙な6つの習慣(海外サイト)

もし日本にいくのなら、知っておくべき日本の奇妙な6つの習慣(海外サイト)

 日本の文化を紹介している海外サイトで、海外人から見ると奇妙と思える日本人の習慣がまとめられていた。それによると、日本には多種多様な文化が複雑に混じり合い、日本で数日も暮らしてみれば、古いシキタリと西洋の習慣が入り交じっていることが判るという。
 日本では当たり前にみえることでも、外から来た人間の目には奇異に映ることがある。以下は海外人の目を通してみた、日本を訪れたとき気がつくであろう6つの奇妙な習慣である。
 海外人目線がわかるよう、原文に近い形で訳してある。

■ 1. 礼儀正しい”通りますよ”のジェスチャー
[画像を見る]
 人やグループの前を通りたいとき、日本人は”通りますよ”のジェスチャーを使う。自分の目の前で手を開いて、まるでいっときの侵入スペースを作るかの如くナイフを切るような仕草をする(手刀を切る)。そして、通り過ぎるその瞬間、軽くお辞儀しながら”スミマセン”と小声で呟くのだ。

■ 2. こっちに来て欲しいときに示す、あっちへ行けのジェスチャー
[画像を見る]
 上手く説明できないのだが、日本人が相手に近寄ってきてもらいたいとき、手のひらを下に向け指を上下に振ってみせる。うっかりしていると、これはあっちへ行けのサインに見えてしまい、様々な誤解の元となる。

■ 3. アルコールで赤くなる
[画像を見る]
 おちょこを片手に赤ら顔に染まった日本人を見てもビックリしないで欲しい。その人はそれほど酔っぱらっているわけではない。これは”アジア人の紅潮症候群(Asian Flush Syndrome)”と呼ばれ、アルコールが分解する際に作られるアセトアルデヒドによって起こる、東アジア人に特有の症状だ。
カラパイアの記事をもっと見る 2015年2月27日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。