車のエンジンルームに挟まったまま48キロ走行。黒猫のラッキー氏、奇跡の生還を遂げる。

車のエンジンルームに挟まったまま48キロ走行。黒猫のラッキー氏、奇跡の生還を遂げる。

 猫は9つの命があるといわれているが、確実にそのうちの1ひとつを使い生還した猫がいる、車のエンジンルームにはさまってしまった猫が、そのままドライブの末、48キロ離れた場所に運ばれ、奇跡的に助け出されたのだ。この猫は今はラッキーと名づけられている。
 マンチェスター空港の駐車場に停めてあった、空港職員のマリア・ロッヒャーのブルーのマツダのエンジンルームに、どういうわけか黒い猫が潜り込んでしまった。
[画像を見る]
無事救出されたラッキー氏
 空港でのその日の仕事を終えたミズ・ロッヒャーは、車を運転して自宅に戻った。もちろん、エンジンルームの中に猫がはまって動けなくなっていることなど知るよしもないため、速度も90キロ以上出していた。
 ミズ・ロッヒャーは、自宅近くまで来たとき、なにかが燃えているにおいと、車のギアが入りにくくなったことに気づいた。車を停めて懐中電灯でボンネットの中を調べてみると、なんと猫が助けを求めて必死になって鳴いているではないか。
[画像を見る]
 「わたしが乗ったときは確かに彼はいなかったから、まさかとは思うけど、車が一日中、駐車場に停めてあった間に入り込んだに違いないわ。ボンネットからなにか燃えるにおいがしたんで、車を停めて調べてみたら、猫の鳴き声がするじゃないの。ずっと高速道路を運転してきたのに、この子が生きているなんて信じられないわ」とミズ・ロッヒャーは驚きを隠せない。
 エンジンにはさまっているラッキーを見つけたミズ・ロッヒャーは、すぐに王立動物愛護協会(RSPCA)に連絡して、スティーヴ・ウィッカムに助けにきてもらった。ところが、ラッキーは文字どりくさびでとめたようにはまって動けなくなっていたため、ウィッカムでも助け出すことができなかった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。