自殺を試み、飛行機を墜落させた世界9人のパイロット

自殺を試み、飛行機を墜落させた世界9人のパイロット

 最近では、ドイツのジャーマンウイングス旅客機の副操縦士の自殺願望の為に、飛行機が墜落したという報道がなされた。(専門家の見解では、うつ病ではない可能性もあるとしている。)
 稀であるとはいえ、飛行機のパイロットが自殺を図ることもある。過去30年間、アメリカだけで少なくとも44名のパイロットが意図的に機体を墜落させ、自殺を図った。そのパイロットの全員が男性で、妻や恋人との別れ、訴訟など、様々な私的要因により引き起こされた事故であると米国家運輸安全委員会は報告している。
 以下は海外サイトでまとめられていた世界9人の自殺を試みたパイロットの案件である。

■ 1. アンドレアス・ルビッツ ー ジャーマンウィングス9525便(2015年)
[画像を見る]
 2015年3月24日に起きたばかりの事件だ。乗客144名と搭乗員6名を乗せたデュッセルドルフ行き9525便がバルセロナから離陸したのは午前10時1分のこと。10時31分に巡航高度から降下を始め、40分に高度約2kmの地点でフランスのレーダーから消失した。
 高度約12kmに設定されていた自動操縦システムは、内部の何者かによって30mに変更されており、副操縦士アンドレアス・ルビッツ(27)の名が浮上した。ボイスレコーダーからは、ルビッツが機長をトイレに行くよう勧め、コクピットから締め出したらしいことが判明している。
 大きな音の後、「後生だから、ドアを開けてくれ!」と機長の叫び声が聞こえ、再度斧か何かでドアを開けようとするかのような音が響く。しかし、飛行機の降下は止まらず、「地上が迫る。操縦桿を引け」と自動警報が鳴る。「このドアを開けやがれ!」と機長が叫び続ける中、乗客の悲鳴が響いた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「自殺を試み、飛行機を墜落させた世界9人のパイロット」の みんなの反応 1
  • 創価、日蓮の世で 通報

    どうせなら、原子力発電所に墜落すれば良かったのに、何百人も道連れにしてるなら、原子力墜落で人類滅んだって変わらないし、逆にそこまでした方が人間なきなりゃ汚名も無くなるし

    1
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。