自宅の地下を壁ドンしたところ、そこはカッパドキアの巨大な地下都市へとつながっていた。

自宅の地下を壁ドンしたところ、そこはカッパドキアの巨大な地下都市へとつながっていた。
[画像を見る]
 建物をリフォームするとき忘れていけないことは、壊しているものをきちんと把握することだ。不用意にハンマーを振り下ろそうものなら水道管や配線、家の骨組みなど、大切な部分を破壊しかねない。そしてまた、思わぬものを掘り起こしてしまうかもしれない。
 1963年、カッパドキアで有名なトルコのネヴシェヒル県に住む男性が自宅のリフォームを行っていたときのことだ。彼は壁の一部を切り崩した。大した考えもなくやったことなのだろうが、その後予想外の事態に突入する。そこには、古代の地下都市が広がっていたのだ。
 彼が発見したのは、古代の地下都市デリンクユだった。デリンクユはカッパドキアの地下に広がる岩盤を掘って作った都市で、最も深い部分は地下85mに達する。
[画像を見る]
デリンクユへ続く隠しトンネルの1つ。
 8階層のこの空間には居住区、教会、食料庫、ワイン醸造所、さらには学校まであった。およそ2万人の人口と家畜が住めるように設計されており、地表までの通風孔と、男性が発見したような目立たない入口を数本備える。こうした隠し通路は、戦争や自然災害時に住人のシェルターとするため作られたことを物語っている。
[画像を見る]
ワイン醸造所。人々が長期間生活できるよう設計されている。
[画像を見る]
アーチ状の天井を持つ広間は宗教学校である。デリンクユは中世初期から20世紀初頭までキリスト教徒が使っていた。
 デリンクユのような地下都市の図。最下層にあるのは教会だ。こうした都市はキリスト教徒が迫害されていた時代に作られたもので、それゆえ宗教的備品は最下層に置いて保護した。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月9日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。