第二次世界大戦中、戦争捕虜たちはオリンピックを開催していた。「ヴォルデンベルグ・オリンピック」(ポーランド)

第二次世界大戦中、戦争捕虜たちはオリンピックを開催していた。「ヴォルデンベルグ・オリンピック」(ポーランド)

 戦時中、非公式ながら捕虜たちがオリンピックを開催していたという事実を知っているだろうか?第二次世界大戦の勃発とともに、世界はどす黒い敵対意識に包まれ、1940年に東京で開かれる予定だったオリンピックは、日本政府が開催権を返上、実現には至らなかった。この時までに、各国の分裂は決定的になったようだ。
 この状態は1944年のロンドンオリンピックまで続いたが、ポーランドのある捕虜収容所が伝統をよみがえらせようとした。「ヴォルデンベルグ・オリンピック」は、そんな狂った時代において、仲間意識や平時の状態に飢えていた、捕虜だけで作られたオリンピックだ。
 2004年、NBCのドキュメンタリーで放映された内容によると、ドイツ管理下のオフラグ(将校収容所)に収容されていたポーランド人将校たちが、母国のアスリート、ヤヌス・クソチンスキーを悼み、1940年に秘密裡に非公式オリンピックを開いた。
 ヴォルデンベルグの看守は44のイベントを行うことを許可した。ただし、フェンシング、アーチェリー、槍投げ、棒高跳びはなしという条件だった(捕虜たちに逆襲されないようにするためと思われる)。
 音楽、アート、彫刻なども披露され、囚人たちは自分たち独自のプログラムを作ることや、収容所の郵便局の厚意によって記念切手を発行することまで許された。オリンピック旗は、スペアのベッドシーツからうまいこと作られ、スポーツマンシップに感化されたドイツ人将校たちも実際に敬礼した。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「第二次世界大戦中、戦争捕虜たちはオリンピックを開催していた。「ヴォルデンベルグ・オリンピック」(ポーランド)」の みんなの反応 1
  • ルカちゃん 通報

    嘘がえらいですがいいのかもしれませんでしということができることを思い出しましたとかもしれませんでしたは鶏胸肉かねと言われるけどねえたからもうちょい早くなっては

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月1日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。