エボラ出血熱で目の色が変わる。治療から数か月後、青から緑へと変貌するケースが報告される。

エボラ出血熱で目の色が変わる。治療から数か月後、青から緑へと変貌するケースが報告される。


 昨年10月、医師のイアン・クロジャーは、エボラ出血熱に感染したが回復し、エモリー大学病院を退院することができた。ところが、数か月後、クロジャーは左目に痛みを覚え、視力が低下、数日で目の虹彩の色がブルーからグリーンに変わってしまったという。

  クロージャーは、シエラレオネで世界保健機構のボランティア医師としてエボラの治療にあたっている間に発症した。クロージャーの担当医たちは、エボラウィルスが目に感染したのではと考えたが、当初は目からはウイルスは検出されなかった。

 クロージャーの血液中からはウィルスが検出されなくなったので、エモリー病院を退院した。感染から数か月はたっていた。ウィルスが精液中に数か月居座った可能性はあるが、回復後はほかの体液からは検出されていなかった。ところが、その後の検査で目の変色の原因はやはりエボラウイルスであること判明しようだ。

 専門家の目を欺いていたウイルスは目の内部を循環して栄養などを与える「房水」から検出されたという。

[画像を見る]

 クロージャーが体験したようなこうしたポストエボラ症候群は、関節や筋肉の痛み、疲労、難聴など、多くの症状があり、西アフリカの患者からも報告されている。これらの症状がどれくらい共通しているのか、その重症度や持続性についてははっきりしていない。死亡しなかったが、完全に盲目になってしまったり耳が聞こえなくなってしまった患者の報告だが、裏付けがとれておらず不確かだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年5月15日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら