あの日みたUFOはダメなやつだった。失敗した10のUFOプロジェクト(後編)

あの日みたUFOはダメなやつだった。失敗した10のUFOプロジェクト(後編)


 全2回に渡ってお届けしている失敗したUFOプロジェクト(前編はこちらから)、いよいよ後編に突入する。世界大戦中から冷戦直後まで、各国でバラエティ豊かな空飛ぶ円盤プロジェクトが研究されてきたが、相当に難しいらしく失敗例が続出している。失敗は成功の母。ってことでいつかは垂直離着陸でふわっと浮いてそのまま宇宙の彼方へと旅立ってくれる、本格UFOの誕生を信じることにしよう。

■ 5. EKIP(ロシア:1990年)

[画像を見る]

 ロシア製のUFOともいえるEKIPはまさに円盤型飛行物体の近代的な発明である。現在制作は中止されているが、もしまた資金が集まったとしたら、EKIPが空を飛ぶ姿を見る事が出来るかも知れない。

[画像を見る]

 円盤型の機体は基本的に「羽を持たない」ものであるが、この楕円形の機体は胴体そのものが羽をとしての役割を持っている。内部はコックピットと乗客の為の席を完備しており、垂直離着陸が出来る為、水や氷の上といったこれまでには有り得なかった場所からの離着陸が出来ると期待されていた。アイデアとしてはこれまでの円盤機体同様にジェット噴射による風力で機体を浮かせる事が目的だった。

[画像を見る]

 EKIPの公式サイトによると、この機体がもたらす経済効果は凄まじいそうだ。まずこの機体は1000人以上の乗客を一度に乗せる事ができ、現存するどんな飛行機よりもコストが低く、羽が無い為メンテナンスも簡単なのだという。現在EKIPの制作は中止されているが、いつかきっと夢が叶う日を信じてやまないロシア人は多い。
カラパイアの記事をもっと見る 2015年6月6日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。