世にも奇妙な10の症候群と奇病、その治療法(※閲覧注意)

 コタール症候群の多くは脳の「顔から人の心を読み取る」部位に異常がある事が判明しており、これが理由で患者の多くは自分の顔や肉体を見ると心身の不一致を感じてしまう。結果的に患者は自らが死んでいる、損傷しているという想像に取りつかれるのだ。幾つかの治療法は試されており、電気けいれん療法等は特に効果的なのだそうだ。

[画像を見る]自分はもう死んでいる。自分がゾンビと思い込んでしまう奇妙な病「コタール症候群」

■ 3. 寒さアレルギー

[画像を見る]

あと半年もすれば今年も冬に突入だ。寒さアレルギーの人はそろそろ準備した方がいいだろう。寒さアレルギーの人は寒い風に当たると、体内でヒスタミンが過剰に分泌され、ピーナッツや蜂などに対するアレルギーと似たような症状を引き起こす。症状としては痒み、腫れ等が見られ、重篤な場合は喉や舌の腫れ等も引き起こされ、命にかかわる症状となる。

 寒さだけによって引き起こされる物かは確認されていないが、取りあえず抗ヒスタミン剤が有効な治療法である事は確認されている。

■ 4. いぼ状表皮発育異常症(ツリーマン・シンドローム)

[画像を見る]

 もし皮膚が木の表面のようになってきたら、それはいぼ状表皮発育異常症かも知れない。別名ツリーマン・シンドロームと呼ばれている。これは、太陽の光によって活性化され、悪化するのがイボ状表皮発育異常症だ。こういったイボは幼いころには大きな問題とはならないが、年齢を重ねるごとに症状は悪化する。...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年5月26日のびっくり記事
「世にも奇妙な10の症候群と奇病、その治療法(※閲覧注意)」の みんなの反応 1
  • 亜烙 通報

    私たまに爆発音します…

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。