引き算が苦手?それならこれが便利、足し算で引き算をする方法

引き算が苦手?それならこれが便利、足し算で引き算をする方法


 アメリカで暮らしたことがある経験がある人なら知っているだろう。アメリカではお釣りをもらう時、引き算ではなく足し算なのだ。例えば550円の品物を買ったとしよう。1000円を渡すとレジの人はお釣りを渡す時、550円を起点として、600円、700円、そして1000円と足しながら釣り銭を渡すのだ。

 更に彼らは少数よりも分数で考える。25セントがクウォーター(4分の1)と呼ばれている点からもわかるだろう。

 日本人ならなんてまだるっこしいことを!、と思うかもしれないが、アメリカ人は引き算が苦手なのである。確かに引き算のやっかいな点は、桁が長くなるほど、ややこしくなってくることだ。繰り下げも、桁が増えるほどめんどくさくなる。そんな人には、足し算で引き算の答を出せる方法をおすすめする。

[動画を見る]
How to Subtract By Adding

 その法則はこうだ。

 1の桁以外の各桁の数字を9から引く。
 1の桁は10から引く
 それに大きい方の数値を足す
 例えば、ノルマン人が英国を支配してから(1066年)、クリストファー・コロンブスがバハマ諸島発見し、キューバに上陸(1492年)までの期間を計算したい場合、まず、一の位を除いて、9からそれぞれの数字を引く。一の位は通常通り10から引く。

[画像を見る]

 1066の場合、左から9-1で8、9-0で9、9-6で3、10-6で4、それを並べると8934となる。そこに1492を足すと10426となる。そこから左の数字を消すと、0426という数字が導きだされる。この数字こそが1492-1066の答えとなる数字だ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年6月3日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら