冷凍保存された脳は目覚めても記憶を保持できていることが判明(米研究)

冷凍保存された脳は目覚めても記憶を保持できていることが判明(米研究)
[画像を見る]

 SFではお馴染みの人体冷凍保存、コールドスリープだが、その実現がさらに一歩近づいた。研究者によれば、動物実験で、記憶をそっくり残したまま冷凍保存から無事目覚めさせることに初めて成功したというのだ。

 実験に使われた線虫の脳は人間よりもいくぶんシンプルな構造だが、コールドスリープにまつわる重要な疑問に回答された形だ。

 総じて冷凍保存からきちんと目覚めることができる生物は多くはないし、哺乳類に至ってはこれまで1度も成功したことがない。しかも、仮に無事目を覚ますことができたとしても、記憶や人格が元通りのまま保たれているのかどうかも疑問視されていた。

 しかし、今回の実験結果では、少なくとも線虫の脳に蓄えらえた記憶は、このプロセスを生き残ることができると判明した。

[画像を見る]

 米アリゾナ州スコッツデールに拠点を構えるアルコー延命財団のナターシャ・ヴィタモア博士によれば、今回の結果は冷凍保存後も記憶を保てるという最初の証拠であるという。
 
 将来的な医療の進歩に望みを託して死後に冷凍保存された人は、世界中でも300人ほどだ。だが、同業界は激しい批判を浴びており、科学者からも反対の声が寄せられている。何より、SF映画では非常にポピューラーなテーマであるが、人間はおろか哺乳類での成功例すら皆無だ。

[画像を見る]

 一部のカエル、北極圏の魚、昆虫は、細胞内に天然の不凍剤を有しており、これが氷から身を守ってくれるため、複数回の冷凍/解凍サイクルを生き残ることができる。また、ヌマエラビルは-196℃の液体窒素に24時間入れられても復活でき、-90℃の低温の中で3年間近くも生きられることが知られている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年6月6日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。