小児性愛者は左利きで耳たぶが短い傾向にある(カナダ研究)

小児性愛者は左利きで耳たぶが短い傾向にある(カナダ研究)


 小児性愛者は左利きで、耳たぶがない、など、からだの物理的なおうとつが変形していることが多いという。

 小児性愛者に外見的特徴を見いだすこの説には異論もあるが、この研究を行った、カナダ、ウィンザー大学の研究者らは、こうした身体的な違いを見つければ、犯罪者予備軍の小児性愛者を特定することができ、被害にあう前に子供たちを守ることができるとしている。

 またあくまでもこれは傾向であり、こういった身体的特徴があるから小児性愛者と断定できるものでもなく、こういった方向の研究も進められているという事例の1つであることをご了承願いたい。

 カナダ、ウィンザー大学のフィオナ・ディシニーク博士と共同研究者で神経心理学者のレイチェル・ファジオは、140名の被験者を、法医学や医学の記録、長年に渡る異常行為に関する聞き取り、性行為歴、性的指向の観点から調査をし、特別な身体的特徴や利き手も加味して性科学的な評価を下した。

 その結果、小児性愛の発症が神経発達障害が基本になっていることを裏づける証拠は次々と出てきている、という。

小児性愛者に見られる身体的特徴

 小児性愛者はMPAsと呼ばれる小規模な外見的異常があることが多いという。
耳:耳たぶがない、耳の位置が低い

口:溝状舌、高口蓋(コウコウガイ:口の上部が溝のように深い

指:小指が曲がっている、足の3番目の指が2番目の指より長い、足の親指と2番目の指の間のギャップが異様に広い。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。