絶対に取り憑かれたくない中世の悪魔ワースト5と、ぜひとも取り憑かれたい悪魔ベスト5

絶対に取り憑かれたくない中世の悪魔ワースト5と、ぜひとも取り憑かれたい悪魔ベスト5
[画像を見る]

 悪魔といえば悪いイメージしか思い浮かばないわけで、甘い汁で騙されたら最後、魂を抜き取るまでぴったりと取り憑かれてしまうと思いがちだけど、良い悪魔もいるらしい。思わずこちらから、「YOU!僕と契約して、悪魔召喚されちゃいなYO!」っと声をかけたくなるレベルなんだそうだ。

 ここでは絶対取り憑かれたくない中世の悪魔ワースト5と、取り憑かれてみたい悪魔ベスト5を取り上げてみた。

■ 絶対取り憑かれたくない悪魔ワースト5

5. アクィエル

 アクィエルは日曜日を司る悪魔である。キリスト教神話の悪魔であるため、安息日を邪魔するためにありとあらゆる手段をとる。これ自体はさほど問題がなさそうだが、よく考えてみてほしい。どこかの議員に取り付いて、突然労働基準法を無効にしてしまったらどうだろうか? 今でもそう変わらないって?

4. スルガト

 ここに挙げた多くの悪魔は、中世の魔法書『ホノリウスの誓いの書』で初めて言及されたものだ。ホノリウスとは、1216~1227年にかけてのローマ教皇ホノリウス3世のことであると推測されている。この説が正しかろうとなかろうと、ホノリウス3世はわざと悪魔を召喚し、地獄へ叩き落とした人物として、教皇の間では有名だった。彼はサタンとの戦いに備えていたようで、召喚された悪魔は謂わばスパーリングのパートナーのようなものだったのかもしれない。

 そんな死闘を繰り広げた悪魔の中でもスルガトは群を抜く。こいつから逃れることはできない。誓いの書にはこうある。「スルガトはあらゆる鍵を解き放つもの」と。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年7月31日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。