15人のシリアルキラーに関する驚きの事実

15人のシリアルキラーに関する驚きの事実


 シリアルキラーは誰かを殺害することが主な目的である犯罪者のことであり、単独連続殺人犯を意味する。和名としては殺人鬼という言葉があてられる。殺したいから殺す残虐な行為を繰り返す彼らだが、そんな彼らの知られざる一面がまとめられていたので見ていくことにしよう。

■ 1. テッド・バンディは溺れた子どもを助けたことがある。

[画像を見る]
罪状:30人以上の女性を殺害。1989年、42歳で死刑執行。

 稀代のシリアルキラー、テッド・バンディは、頭脳明晰かつ容姿端麗であったことでも知られる。そんなバンディは、最初の殺人に手を染める前の大学生時代、溺れていた子どもを助けて地元警察から表彰されたことがある。

■ 2. ジェフリー・ダーマーは高校時代に変ないたずらばかりしていたため、友人たちは「ダーマーする(doing a Dahmer)」という造語を作っていた。

[画像を見る]
罪状:17人の青少年を殺害。死体を解体し、その一部を食べたとされる。1994年、34歳のときに獄中で撲殺された。

 高校時代の級友たちも、のちに「ダーマーする」ことが別の恐ろしい意味を持つことになろうとは、考えもしなかっただろう。

■ 3.  ジョン・ウェイン・ゲイシーはロザリン・カーター元大統領夫人と握手をしたことがある。

[画像を見る]
罪状:33人の少年を含む男性を殺害。1994年、52歳で死刑執行。

 「キラー・クラウン(殺人ピエロ)」と呼ばれた男は、事業を営む地元の名士であり、民主党の選挙区幹事を務めていた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年8月7日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。