世界初、電磁波アレルギーで障害手当を勝ち取ったフランス人女性

世界初、電磁波アレルギーで障害手当を勝ち取ったフランス人女性


 フランス人のマリーン・リチャードさん(39歳)は電気機器から放出される電磁波で体調を崩したと法廷に訴え、障害手当を勝ち取ることに成功した。この症状は、電磁波過敏症と呼ばれ、原因は不明としながらも世界保健機関でも認めているものだ。判決は電磁波過敏症を正式に病気とは認めてはいないが、彼女には今後3年間に渡り月額約10万円相当の手当が支給される。
 
 電磁波過敏症で苦しむ人にとって「画期的」な判決と評するリチャードさんは、電話などの電気機器によって体調を崩したことから、止むを得ず、フランス南西部の人里離れた電気のない山間部で暮らすことになった。電磁波過敏症の患者が訴える典型的な症状は、頭痛、疲労、吐き気、動悸などだ。

[画像を見る]

アメリカでは学校が訴えられた事例も

 アメリカでは、寄宿制学校に通う12歳の少年の両親が、子供がWiFiで体調を崩したとして、学校を相手取って訴訟を起こした。少年は医師から電磁波過敏症と診断されており、原告の主張では、2013年に学校がWiFiを設置した後から、頭痛、鼻血、吐き気に苦しみ始めたという。

 通信企業アイソトロープ社に校内の電磁波の調査を依頼した学校側は、「アイソトロープ社の調査では、学校内のアクセスポイント放出、ラジオ無線信号、テレビ無線信号その他高周波放出の総合レベルは、連邦および州の安全基準に余裕をもって適合している」と発表している。校舎内およびその敷地内の電波レベルは、連邦および州の安全基準の1万分の1であるそうだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年9月5日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。