「自分にそっくりな人は世界に3人いる」が科学で証明される。3人どころかもっと多い可能性は高い(米研究)

「自分にそっくりな人は世界に3人いる」が科学で証明される。3人どころかもっと多い可能性は高い(米研究)


  あれ?昨日あそこにいたよね?っと言われ、そんな場所にいるわけないのに何いってんの?っと思ったことはないだろうか?いわゆる他人の空似ってやつだが、世界には自分のそっくりさんが3人はいると言われている。だがもしかしたらもっと多いのかもしれない。

 その理由は、顔の特徴を決める遺伝子の数が限られているからだ。

 「出回っている遺伝子の多様性は限られています」と説明するのは、米コーネル大学でハチやマウスなどの外見の多様性と遺伝子について研究するマイケル・シーハン氏だ。

 これについて、カードのデッキを何度もシャッフルすれば、どこかの時点で同じ手札が再度配られる、と同氏は例えている。

 カードのデッキは非常に分厚く、例えば、髪や目、肌の色といった顔の特徴を決定する遺伝子の数を現在のところ科学者は把握していない。

[画像を見る]

 だが進化は人間の顔のつくりが多種多様になるよう後押ししているようだ。シーハン氏らは昨年発表した論文で、人間の顔は例えば手などよりも幅や長さにおいて多様であると論じた。また、人体の他の部分に比べて、より多くの遺伝子が顔のつくりに関連していることも判明している。

 その理由として考えられるのが、社会的な動物である人間は、他人を区別することで有利になれたということだ。これによって益をもたらす者には近寄り、害なす者は避けるということが可能になる。「誰が誰であるのかに関心が寄せられます」とシーハン氏。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年9月11日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。