2015年度、給料が高い国トップ10

2015年度、給料が高い国トップ10


 もっと稼げる国はと考えたことがあるだろうか? 自分の給料は仕事量に見合っていないと考えたことは? まあ物価の兼ね合いもあるので給与額が多いからといって豊かな暮らしができるとは限らない国もあるが、topmensmagazineにて2015年度版給料が高い国トップ10がまとめられていた。

 このリストは年間の可処分所得が高い国をランキングしたものである。可処分所得とは、税引および経常移転後の各年の世帯所得だ。つまり、ある世帯が物やサービスへの支出に利用できる金額を表している。ここでの平均値は、子供のいない単身労働者を対象としたOECDの調査から引用してある。なお、1ドル=120円で計算した。

■ 10. フランス(年間可処分所得:3,455,880円)

[画像を見る]

 不平不満で悪名高いフランスが10位にランクインだ! フランスは世界第7位の経済規模を誇る。フランスの1人当たりGDPがアメリカよりも低い理由として、経済学者ポール・クルーグマンは、「フランス人労働者はアメリカ人労働者とほぼ同程度に生産的だが、労働時間が短い」ことを挙げている。これは1999年に実施された週35時間労働制によるものだろう。フランスの税引後の手取りは約3,455,880円だ。なお、平均税率は49.4%でOECD諸国中第2位の高さである。

■ 9. スウェーデン(年間可処分所得:3,502,200円)

[画像を見る]

 世界銀行のデータによれば、この美しいスカンジナビア半島の王国は、1人当たりGDPから見ると世界第6位の富裕国である。スウェーデンは輸出主導型混合経済国で、木材、水力発電、鉄鉱という資源基盤を有している。スウェーデンのエンジニアリング部門は生産高と輸出の50%を占める。社会民主主義によって北欧型社会福祉システムが維持され、国民には国民皆保険制度と高等教育が提供される。その代わり国民は所得の42.4%に課税されるが、それでも平均可処分所得は3,502,200円だ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月23日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。