テレパシーが使える時代が到来しちゃうのか?人間の脳をリンクし意思の疎通に成功(米研究)

テレパシーが使える時代が到来しちゃうのか?人間の脳をリンクし意思の疎通に成功(米研究)


 リアル世界がまたSFの世界に近づいてきた。この装置があれば無言で意思の疎通がとれてしまうという。1人の人間が脳内に思い描いた簡単な質問を、脳波を通してもう1人の人間に問いかける。それを同じく脳波で受け取りその質問に答えるというやりとりが成立したようだ。

 ワシントン大学のアンドレア・ストッコ助教のチームは、被験者の脳と脳を直接繋ぎ、ネット経由で信号を送信することで、無言の質問ゲームを可能にした。『PLOS ONE』で発表された本実験は、二つの脳を直接接続することで他人の心を読めるようにした、おそらくは史上初の試みである。

[動画を見る]
Team links two human brains for question-and-answer experiment

 この実験では、まず第一の被験者「回答者」にEEG(脳波図)キャップを装着してもらう。回答者にはコンピューター画面で犬などの物体が表示される。第二の被験者「質問者」には、候補の物体と関連する質問のリストが表示される。質問者はマウスのクリックで質問を送信する。これを見た回答者は、モニターに設置された異なる頻度で点滅する2個のLEDライトのどちらか一方に意識を集中し、「はい」か「いいえ」の回答をする。

 「はい」または「いいえ」の答えは、インターネットを経由して質問者に送信され、質問者の後頭部に置かれた電磁コイルを起動する。回答者が「はい」と答えたときだけ、視覚野を刺激できるだけの強度でコイルが起動される。すると、質問者の視野が瞬間的に途絶して、「眼内閃光」が起きる。こうして、質問者は答えが「はい」であると知ることができる。このシンプルな「はい」と「いいえ」の質疑応答を通して、質問者は正解を当てる。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年10月4日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。