無人島で猫と共に16年間暮らした男、トム・ニールの物語

無人島で猫と共に16年間暮らした男、トム・ニールの物語


 生存者はたったひとり。というフレーズは、飛行機事故や鉱山爆発、火山噴火といった大惨事で町や住民が根こそぎ破壊され、ひとりだけが残ったというシーンを思い浮かべる。

 生存者の恐ろしい体験は、その話を聞いた人たちにトラウマ的な印象を植えつける。91人が亡くなったペルーの航空機事故で生き残ったある女性は、負傷してジャングルの中を何日も歩き回り、蛆虫を30匹探し出して、それをぱっくり開いた腕の傷口にあてがわなくてはならなかった。2005年、サゴ鉱山の爆発で、有毒メタンガスや一酸化炭素が発生し、11人の同僚が愛する者に遺書を残してじわじわと死んでいく中、奇跡的にひとりの男性が生還した。

 これらは皆、悲劇的な生還の例だが、中にはあえてひとりぼっちを選択する者もいる。太平洋の小さな環礁にたどり着いたトム・ニールは、自らの意思で16年もの間無人島で生活したのだ。2匹の猫のパートナーと共に。

 元ニュージーランド海軍兵で、その後小売店主となったニール(1902年11月6日- 1977年11月27日)は、単身で無人島に降り立ち、粗末な丸太小屋で激しい嵐を乗り切り、魚やココナッツを食べ、腰巻ひとつで生活していた。難破船で流されたわけではない。ひとりでシンプルにこの島で暮らそうと自ら決めて、自分の意思で率先してやってきたのだ。

[画像を見る]

 1943年、当時41歳だったニールは、作家で旅行家のロバート・フリスビーから、クック諸島にあるスワロー環礁はこの世で最高に美しい無人島だという話を聞いてから、どうしてもそこに行きたくなった。ラムのグラスを傾けながら、フリスビーの話に大いに魅了された午後のことをニールは書き記している。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。