虫の世界は劇場よりドラマティック!「クモを利用する策士、クモヒメバチ ― 身近で起こる本当のエイリアンとプレデターの闘い」

虫の世界は劇場よりドラマティック!「クモを利用する策士、クモヒメバチ ― 身近で起こる本当のエイリアンとプレデターの闘い」


 さて前回、神戸大学の昆虫学者、高須賀圭三博士におねだりして、クモを奴隷化するクモヒメバチの幼虫の恐ろしい生態に関しての記事を書いていただいたのだが、(関連記事)、そのクモヒメバチを題材に虫世界における弱肉強食の凄まじさを詳しくわかりやすく解説した本が、今月末に出版される。

 虫の世界は知れば知るほど興味深い。今までは何の気なしに怖がっていたクモですら情愛の目を向けることができるってもんだ。というわけで、今回出版に先駆け、また高須賀先生におねだりして、事実上のプレデターであるクモや、それに挑むクモヒメバチの驚くべき戦略について書かれた本書について、かいつまんで書いていただいた。つまり、著者本人による本書の予告編ってわけだ。

 それではワクワクしながら見ていくことにしよう。
地上の節足動物界きってのプレデター生物、クモ

 クモと聞くと恐ろしいゲテモノ生物、なんてイメージが先走るのではないだろうか。実際、カラパイアに過去登場した“世界で多く見られる恐怖症ランキング”でも、クモ恐怖症(Arachnophobia)が堂々の一位を獲得している。

[画像を見る]

 確かにそうだ、8本もの脚を備え、毛で覆われていたり、派手派手しい体色をしていたりする。獲物を仕留めるための毒を持ち、造網性の種は不気味な網を張り、徘徊性の種は家の中でも神出鬼没で我々をドキッとさせる(ハエトリグモはかわいいけど)。映画の主人公としてホラー映画が作られるくらいなのだから、人に嫌われているのは前提条件のようなものである。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。