プーチン大統領はアスペルガー症候群の疑いあり?(米国防総省研究)

プーチン大統領はアスペルガー症候群の疑いあり?(米国防総省研究)


 米国防総省の内部シンクタンクが2008年に行った研究によると、ロシア大統領のウラジーミル・プーチンに自閉症スペクトラム(ASD)の一種であるアスペルガー症候群の症状が見られることがわかったという。

 研究者たちによると、プーチン大統領はアスペルガー症候群による過敏性疾患、社会不安、社会的刺激による行動的引きこもり、に悩まされているはずだという。

米国防総省はプーチンがアスペルガー症候群と報告

 米国防総省には長期的な戦略に特化したシンクタンク『総合評価局(オフィス・オブ・ネット・アセスメント)』があり、そこの医療研究者たちが2008年に興味深い報告書を提出している。

 その内容は、ロシアのプーチン大統領が自閉症スペクトラム(ASD)の1種であるアスペルガー症候群に苦しんでいる、というものだった。プーチンがアスペルガー症候群の特徴である、(1) 他の人との社会的関係をもつこと、(2) コミュニケーションをすること、に障害を持っていると報告書には書かれている。

[画像を見る]

プーチンの表情や動作から徹底分析

 「プーチン大統領の様々な行動障害が脳科学者たちにより指摘されている。この原因はアスペルガー症候群で、彼が下す全ての決断に影響している。そのため、彼の決断は極端に統制的で、国の統治方法にもその影響が表れている」と報告書の執筆者、米海軍大学の行動分析の専門家であるブレンダ・コナーズは論じている。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。