太陽を見るとくしゃみが出るのはなぜ?約4人に1人に症状がでる「光くしゃみ反射」とは?

太陽を見るとくしゃみが出るのはなぜ?約4人に1人に症状がでる「光くしゃみ反射」とは?
[画像を見る]

 太陽の光を見るとくしゃみがでる人がいる。これは、明るいものを見ると鼻がムズムズ刺激されてしまう「光くしゃみ反射」によるもので約4人に1人の割合でこの症状がでるという。

 「光くしゃみ反射」は遺伝的なもので、光に起因するてんかん発作とも関係があるそうだ。

光を見てくしゃみがでるのは特定遺伝子によるもの

 「光くしゃみ反射」の正式名称はものすごく長い。「染色体上にある優性遺伝子が引き起こす突発性太陽視覚症候群(Autosomal dominant Compelling Helio-Ophthalmic Outburst syndrome)」といい、あまり長いのでその頭文字をとって「ACHOO(ハクション!)」と呼ばれている。

 「光くしゃみ反射」は、3世紀のアリストテレスの本にまで遡れる古くから知られる症状であるが、2010年に遺伝学者が1万人の遺伝子型を解析することで、この症状に関連する2つの「一塩基多型」を特定した。
 
 一塩基多型とは、ある生物集団におけるゲノム塩基配列中の一塩基の多様性のことである。発見された2つのうちの一方は、特に光誘引性のてんかん発作と関連がある遺伝子の側で見られることから、両者の関連性が伺える。

[画像を見る]

 同年、スイスのチューリッヒ大学によって、光くしゃみ反応のある人の脳の活動が調査され、それを持たない人との比較が行われた。この実験では、両グループに点滅するライトを見てもらいながら、その脳波を計測した。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月6日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。