エリア51軍事基地周辺で飛行機から目撃されたキラッキラの発光体群



[画像を見る]

 ISEGSは、Google社が投資し、ブライトソース・エナジー社が建設した世界最大で最新式の太陽熱発電所で、ここで作られる電力は14万世帯以上の電気をまかなうほどだという。

 ISEGSは、敷地に配置した14.4m2の平面鏡(ヘリオスタット鏡)を17万3000枚使って太陽光を集中させ、高さ140mの3基ある中央タワー受光部を550℃に加熱する。この熱によって水を沸騰させて発電用蒸気タービンを動かすというシステムだ。

[画像を見る]

 試験運用時から、ヘリオスタット鏡から反射する高熱で、発電所の上空を飛ぶ野鳥たちが焼け死ぬといった被害も報告されているという。太陽光もある意味すんごい兵器なんだわな。

[動画を見る]
Inside the world's largest solar plant

【エリア51軍事基地周辺で飛行機から目撃されたキラッキラの発光体群】を全て見る

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月28日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。