ドッグフードと見間違ったという声も・・・イギリスの悲惨な病院食

ドッグフードと見間違ったという声も・・・イギリスの悲惨な病院食


 イギリスの入院患者たちが、病院で出されるなんともお粗末な食事の写真をシェアしている。食事制限があるわけではなく、これからもりもりと栄養を付けていかなければならない妊婦だされた食事の量はとても少なく、彼女いわく「見た目もひどいし味もひどい。量も少なくて、ドッグフードかと見間違えました」。というレベルだったそうだ。

 もちろんおいしい病院食が出されている病院もあるわけだが、ここでは見た目も含め、味も残念だったという病院食をいくつか見ておくことにしよう。

 ウェールズのアバゲニーから、イングランド北部のドンカスターまで、イギリス中のこうした最悪病院食の写真がシェアされている。

 イギリスの病院食の4分の3は捨てられているらしい。それなら、食事を提供するのをやめて、料金をとらなければいい。患者の家族のほとんどが食べ物を持ち込んできているのが現状だ。ドンカスター・ロイヤル病院のある患者は、ポテトは生で、料理は吐き気がするほどだったので、2週間の入院中、食事なしだったことが多かったという。

1.アバゲニーの病院で出されたリンゴ煮
[画像を見る]

2.サウスエンドの病院のシャパードパイ。味もさることながら、茶色とグリーンと黄色の取りあわせが見ているだけで気持ち悪くなると患者は語る。
[画像を見る]

3. "おそらくこれは魚とマッシュポテトなのだろう" これを出された患者からの不機嫌なコメント
[画像を見る]

4.シェパードパイ?

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2015年12月19日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。