12年待っても出番ないし・・・干支に入れなかった猫、サルに偽装してバナナを食べ始める

12年待っても出番ないし・・・干支に入れなかった猫、サルに偽装してバナナを食べ始める
 ご存知の通り干支の十二支に猫はでてこない。犬もネズミもヘビだっているのに猫はでてこない。でもって今年の干支は申と書いてサルである。

 てことで出番のない猫の場合には、猿に偽装することを思い立ったようだ。というか飼い主の手により完全偽装しちゃったようだ。バナナとかを食べる風を装いながら。

[動画を見る]

Cat + Monkey. 2016 年の干支 猿になった猫のまる

 うん、これならだれも猫とは思わないはず

 だってバナナ食べてるし

[画像を見る]

 見れば見るほどサルにしか見えないでしょ

 仲間の猫も疑心暗鬼だし

[画像を見る]

 でもちょっとせつない気分だけは隠せない

[画像を見る]

 横たわってる風

[画像を見る]

 例えサルとなった我が子でも

 やさしくいたわるお母さん(かな?

[画像を見る]

 またバナナ―?

 でも自分サルなんで食べさせていただきます

[画像を見る]

 猫だって干支りたい

[画像を見る]

 干支には古代中国における家畜を主とした12種の動物が割り当てられており、日本には六世紀半ばころに伝わったとされている。

 なぜ干支に猫がいないのか?

 一番ポピュラーな逸話によるとネズミに騙されたからなんだそうだ。大昔、神様は動物たちに「元日の朝、新年の挨拶に来るがよい。一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」というお触れをだした。

 ところが猫は、いつ行けばいいのか忘れてしまい、ネズミに尋ねたところ、ネズミは、わざと1日遅れの日付を教えたそうな。それを真に受けた猫は元旦に挨拶に行くことができず干支に入ることができなかったという。猫がネズミを追いかけ続けているのはその時の恨みつらみがDNAに刻み込まれているという話なんかもある。

 ちなみに干支はアジア圏のみならず東ヨーロッパの一部にも伝わっているそうで、タイ、ベトナム、チベットなどでは、卯(うさぎ)の代わりに猫が入っているという。また、ブルガリアでは寅(トラ)が猫になっている。

 でもまあトラがいるならネコ科ということでイエネコが入らなくてもしょうがないか。それをいったら戌(いぬ)のほかにオオカミなんかも入れてほしいところだしな。

画像・動画、SNSが見れない場合はオリジナルサイト(カラパイア)をご覧ください。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク