犬は人間と同じ、猫はわりと無関心。7種の動物と音楽に関する科学的事実

犬は人間と同じ、猫はわりと無関心。7種の動物と音楽に関する科学的事実


 我々人類と音楽は深いかかわりを持っており、太古の昔から音楽に慣れ親しんできた。では動物の場合はどうなのだろう?中には演奏をできる動物もいるが、それは人間の訓練の賜物であり特殊なケースである。

 人間や自分たちが奏でる音楽に対し彼らはどのような反応をするのだろう?ここでは7種の動物に関して、科学的にわかっている事実を見ていこう。

1.犬は人間とほぼ同じ反応を見せる
[画像を見る]

 2012年、コロラド州立大学の研究者たちが、犬小屋に入れた117匹の犬の行動、つまり活動のレベル、吠え声、身震いなどを観察した。犬たちに、クラシック、ヘビメタなど、さまざまな種類の音楽を聴かせ、まったくなにも聴かせない場合も観察した。すると、クラシック音楽を聴かせた場合、よく眠り、リラックスすることがわかった。ヘビメタの場合は、まったく逆の反応を示し、神経質になっている証拠である身震いが増えたという。

 クラシック音楽に対する反応は、犬も人間も同じで、クラシックが動揺を抑え、睡眠を促し、気分を改善して、ストレスや不安を減らすことを示している。また、ヘビメタは人間の場合も不安を増長することがあるのがわかっている。

2.猫は人間の音楽に無関心だが、猫用に作った曲には一部反応
[画像を見る]

 猫は人間の音楽には無関心だが、心理学者のチャールズ・スノードンと、作曲家のデイヴィッド・タイエ、博士号をもつ学生のメーガン・サヴェッジが、猫同士がコミュニケートするときに使うのに近い周波数とテンポで音楽を創った。以下がその音楽である。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年1月9日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。