現代の魔法使いに聞いた魔法素材としての「マンドレイク」の歴史と使用法

現代の魔法使いに聞いた魔法素材としての「マンドレイク」の歴史と使用法


 「ちっちゃな相棒を訓練して、私専用のマンドレイクにしているところです」
 自称、現代の魔法使いであるレイブン・グリマッシはそう話す。

 彼と妻のステファニーは魔術を実践している。グリマッシ夫妻がマサチューセッツの自宅で20数本のマンドレイクを栽培している。

 そもそもマンドレイクとは何か?
 
 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』にも登場したのでご存知の方もいるだろう。地面から引き抜かれる瞬間に断末魔の悲鳴をあげる、人型の茎を持つあの植物だ。魔術や薬草の分野においては非常に重要で、古い歴史を持つ素材である。

マンドレイクの歴史

 旧約聖書の創世記では、ラケルがヤコブの子を身ごもるためにマンドレイクの根を使用している。またギリシア神話では、キルケーとアフロディテがこれを媚薬として使用したと考えられている。だが、その力は何も神話の中だけの話ではない。現実でも幻覚作用や麻酔作用を持つアルカロイドを含んでいるからだ。

[画像を見る]

マンドラゴラのオスとメスの木版画

 1世紀のギリシア人医師ディオスコリデスによれば、マンドレイクの根をワインで煮出したものが、古代ローマにおいて麻酔薬として使用されていたようだ。同時に大量に服用すれば命を落とす危険があるとも注意を促している。

 ディオスコリデスは、マンドレイクに関する初の重要な記録を残した人物である。彼はオスとメスが存在すると記述しているが、これはマンドラゴラ・オフィシナルムとマンドラゴラ・オータムナリスという別種を指したものである。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月20日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。