幸せ遺伝子は存在する。遺伝子の影響である国の人々は他国より幸せであると感じる(ブルガリア研究)

幸せ遺伝子は存在する。遺伝子の影響である国の人々は他国より幸せであると感じる(ブルガリア研究)


 幸せであると自己評価する国の人々には、ある特定の遺伝的な特徴があった。すなわち、そうした人のDNAには、感覚的快楽や痛みの抑制に関連する対立遺伝子が含まれている、とブルガリア、ヴァルナ経営大学のミハイル・ミンコフ氏と香港理工大学のマイケル・ボンド氏は説明する。

 A対立遺伝子が多く含まれている国民は、自分が幸せであると感じることが多いようだ。

A対立遺伝子と幸福度の関連性

 ミンコフ氏とボンド氏が使用したデータは、2000~2014年に行われた3度の世界価値観調査(世界各国の社会文化的、道徳的、宗教的、政治的価値観に関する調査)からのものだ。ここから”非常に幸せ”と回答した人々の割合を国ごとに算出した。

 算出にあたっては、イェール大学の対立遺伝子頻度データベースから得た集団遺伝学データ、夏冬の厳しさに関する気候データ、病原菌の歴史的保有率、世界銀行の経済的データも加味された。主観的な幸福度は、遺伝的要因の他に、社会経済的/気候的要因にも左右されると考えられるからだ。

 その結果、国の幸福度と脂肪酸の中にあるA対立遺伝子の存在との間に強い相関関係があることが明らかとなった。この対立遺伝子は、感覚的快楽を促進し、鎮痛効果もあるアナンドアミドの化学分解を防ぐ機能がある。

[画像を見る]

幸せを感じているのは中南米、アフリカ、北ヨーロッパ。感じていないのはアラブ諸国、東アジアなど

 国民がA対立遺伝子を有していることが多い国は、西アフリカのガーナとナイジェリア、メキシコやコロンビアといった北ラテンアメリカ諸国であり、国民は自分たちを非常に幸せであると評価していた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年1月24日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。