食事で肌年齢は大幅に変わる。美肌の為の、控えるべき食材・食べるべき食材

 

■ お肌の専門家の食生活

 以下では、有益なアドバイスをしてくれたお肌の専門家が美容のために普段から口にしているものや、絶対に手をつけないものをご紹介しよう。

ニコラス・ロー博士
良く食べてます:
ゆで卵、トマト、脂の乗った魚(サーモン、ニシン、イワシ)、青野菜、赤身肉を週2回。
あまり食べません:
酒さ持ちなので、それを悪化させるアルコール、辛すぎるカレーや温かい飲み物は厳禁。お茶やコーヒーはアイスで。

ニートゥ・ニルドシュ博士
良く食べてます:
朝食に搾りたてのトマトジュース(トマト5、6個)。新鮮なビートルート、スイカ、ブラジルナッツとクルミ、玄米、人参、鶏肉、卵、鮮魚、ラム肉、たっぷりの野菜。お肌にいい亜鉛が豊富な牡蠣(卵やレバーでは多すぎる)。
あまり食べません:
砂糖、コーヒー(代わりに脱カフェイン飲料か緑茶)、精製炭水化物、間食(皮膚に良くないインシュリンの上昇が増える)。また夜間にアンチエイジングホルモンの分泌を促すために、7時以降の食事は控える。インシュリンがお肌に悪さをするため、夜食も厳禁。
 
ステファニー・ウィリアムズ博士
良く食べてます:
ベリー各種、魚、肉、卵、果物、野菜を、1度の食事でできるだけ色が豊富になるように食べる。こうすることで多様な抗酸化物質を理想的な組み合わせで摂取可能。85%ココアチョコレート、ココナッツ、アーモンド粉末でパン作り。甘味に100%カバ材由来のキシリトールを使用。これは皮膚のコラーゲン産生を促すことが明らかとなっている。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月17日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。