故人が木となって再び蘇る。遺灰で木々を育てる骨壷インキュベーターが予約販売中

故人が木となって再び蘇る。遺灰で木々を育てる骨壷インキュベーターが予約販売中
[画像を見る]

 「荼毘の後、残された遺灰で木を育てよう。優雅で、情緒にあふれ、かつ自然なやり方で故人を偲ぶことができる。」

 これはバルセロナに拠点を置くバイオズ・アーン社からの提案だ。バイオズ・アーンとバイオズ・インキューブなら、そんな願いを思い通りに叶える手助けをしてくれる。

[動画を見る]
Bios Incube - Kickstarter

 バイオズ・アーンは最初1997年に考案された。早い話が生物分解される骨壷であり、遺灰を安置し、その上に土に植えられたお好みの木の種を設置するよう設計されている。遺灰はやがて木の養分となり、大切な人あるいはペットの思い出を残すエコフレンドリーな記念樹が育つ。

 バイオズ・インキューブはバイオズ・アーン用の保育器のようなものだ。骨壺に植えた植物を管理しやすくするのが狙いで、それぞれの植物に最適な環境を整えてくれる。大きさ76×33cmのポリプロピレン製で、味のある無駄のないデザインの鉢植えだ。鉢植えの内部には11ℓの水を貯めておくことができ、内蔵型灌漑システムのセンサーによって植物の成長の様子がモニタリングされる。

[画像を見る]

 使い方は、まずバイオズ・インキューブにバイオズ・アーンを入れる。これを自分の好みと植物の生育条件に応じて、室内か室外に設置する。それから水分、土温度、光量、電導率、湿気を監視するセンサーを土の上に置く。

[画像を見る]

 後はシステムのアルゴリズムがデータを解析して植物のニーズを割り出し、種類に応じて適切な水やりをしてくれる。タンクには平均20日分の容量があり、センサーは水質もチェックしてくれる。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年3月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。