数世紀前から存在していた、自分はガラスでできていると信じ込み、割れてしまうことを極端に恐れる精神障害「ガラス妄想」


19世紀にはセメント妄想もあらわれた。

 現代では、ガラスは特に目新しいものではないが、人の心を奪う力はまだあり、現代社会とうまくやっていく際の、人々の恐怖や希望を反映しているのかもしれない。

via:io9neatorama.bbc.など

 日本でも心が壊れやすいガラスの少年という歌があるように、思春期はとかくガラスのように壊れやすいイメージがある。壊れそうなものばかり集めてしまうのも思春期における特徴だ。でまあ、中には本当に自分をガラスと信じ込んでいる場合もあるわけで、日本におけるガラス妄想の研究ってどの程度進んでいるのだろう?

 私が中学生時代、常に背後に何かの気配をビンビン感じて、いきなり刺されるのが怖すぎて人に背中を見せられず壁に背中を押し付けながらカニ歩きしていたあれも、もしかしたらちゃんとした名前とかあるんだろうか?いや中二病以外で。

【数世紀前から存在していた、自分はガラスでできていると信じ込み、割れてしまうことを極端に恐れる精神障害「ガラス妄想」】を全て見る

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年4月16日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。