クジラの肉を丸ごとえぐりとる、鋭い歯を持つ深海生物「ダルマザメ」

クジラの肉を丸ごとえぐりとる、鋭い歯を持つ深海生物「ダルマザメ」


 熱帯の海を泳ぐクジラの体にぽっかりと空いた穴のような傷は、長年生物学者の首を捻らせてきた。その犯人を巡っては、フジツボ説、ヒジキムシ説、ヤツメウナギ説など、様々な説が提唱されてきた。しかし、この傷をつけた本当の犯人はどうやら「ダルマザメ」であるという。

 “デーモン・ホエール・バイター(クジラの咬みつき魔)”としても知られるダルマザメは、1,000~4,000mの深海に潜んでおり、クジラなどの巨大な獲物を求めて表面まで浮上してくる。体長50cm程度しかないが、自分よりはるかに大きい動物をも果敢に攻撃し、生きたまま体表の一部の肉を削り取って食べるという習性を持つ。

 その被害者はクジラのみならず魚、イルカ、サメ、アザラシ、船、時に人間すらも、くっきりと丸くえぐられた特徴的な噛み跡が残されることとなるのだ。

 南アフリカの専門家は1,700頭のクジラを調査した。彼らは1963年の8ヶ月の間にドンケルガット捕鯨場で捕獲された死体からデータを集め、傷口の治癒のステージに応じて分類し、傷がつけられた場所の分布や時期について分析した。

[画像を見る]

 調査の結果、イワシクジラ、ナガスクジラ、ニタリクジラ、マッコウクジラに傷をつけた犯人はダルマザメである線が濃厚で、1年の特定の時期に起きていると結論づけられた。イワシクジラの1頭は生きている間に138ヶ所も噛まれていたという。

[画像を見る]
様々な種につけられたダルマザメの咬み傷。傷の治癒のステージに応じてまとめられた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年5月15日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら