なんていい子たち・・・メンフクロウのヒナたちはお腹がすいた兄弟に餌をゆずることが判明(スイス研究)

なんていい子たち・・・メンフクロウのヒナたちはお腹がすいた兄弟に餌をゆずることが判明(スイス研究)
[画像を見る]

 子どもが多いと食事の時間はあわただしくなるのはどんな動物たちでもいっしょだ。メンフクロウ一家も例外ではない。親鳥が運んでくる餌を我先にとありつこうとする過酷な生存競争が繰り広げられているのか?っと思ったらなんと!そんなことはなかったようだ。

 メンフクロウのヒナは、餌を食べる前に、まず鳴き声で他のヒナたちに自分の空腹具合を伝える。そして、空腹度が高いヒナは他のヒナよりも優先的に餌を食べることができるというのだ。

 「ぼくよりお腹がすいているの?じゃあ先に食べていいよ」ってことだ。
 まだ小さいのになんというやさしい世界。

 お腹の空いている人からどうぞ、というような彼らの洗練された食事方法は『行動生物学と社会生物学』という雑誌に掲載された最新の研究から明らかになった。

 スイスのローザンヌ大学の生態学者らは、実際の巣と同じ環境の仮の巣をつくり、そこに27匹のメンフクロウのヒナと、餌である数匹のネズミを一緒にいれておいた。そこできょうだいヒナたちの鳴き声を録音したものを高速再生(空腹感が強いことを示す)と低速再生(競争的ではない鳴き声)で流し、きょうだいの鳴き声が食事にどのような影響を及ぼしているのかを観察した。

 これは、メンフクロウの親が子供たちに餌を落とす状況を再現しているという。録音した鳴き声は28時間何も食べていないヒナたちのものを使用した。

[画像を見る]

空腹度の強いヒナの鳴き声を聞くと食べるのを止めるヒナたち

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年6月3日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。