銃社会アメリカ。銃を向けてきた相手に実弾を発砲するトレーニングプログラムが開発される

銃社会アメリカ。銃を向けてきた相手に実弾を発砲するトレーニングプログラムが開発される


 生身の人間に向かって銃弾を撃つ。活字にしただけでも恐ろしいが、銃の所持が合法であるアメリカの場合には突如銃口を向けられた場合、自らが先に銃を発砲しなければならない時もあるのだろう。

 ゲーム内ならいざしらず、リアルでそのような事態が起きた時、的確に判断ができるのだろうか?ミシガン州イーストポイントの新しいトレーニングプログラムでは「本当に実弾を撃たれた場合の感覚」を体感する為に、全てのトレーニングに実弾を使用しているという。

[動画を見る]

 このトレーニングシステム「アクション・インパクト・ガン・レーンジ」を開発したビル・クヤックさんは「最も現実に近いケースを想定してシミュレーションされている」と語る。

 このトレーニングは近々軍人や一般人も受ける事が出来るようになるという。

 拳銃を携帯する事の多いステファン・バーリさんは過去に二人の男性に拳銃を突き付けられた経験があるという。拳銃を突き付けられると真っ白になり、身動きが取れなくなり命を落とす危険性が高まるという。

 「オクラホマ州で警官がテイザー銃と間違って拳銃を握ってしまい、誤って市民を撃ってしまった事件がありましたよね。その時警官は明らかにストレス下にあり、その為誤った結果を生んでしまったのです。」とクヤックさんは語る。

 「私達は色んな人種での様々なシナリオを作っています。あなたは単純に黒人だから、白人だから、などの理由で撃たれる事を想定した事がありましたか?こういったバイアスを確認し、それを直していく事も、このトレーニングの大事な授業の一環なのです」

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年6月10日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。