本当に怖い、かつて精神病院や収容所で行われた15の人体実験(閲覧注意)

本当に怖い、かつて精神病院や収容所で行われた15の人体実験(閲覧注意)


 精神科病棟や収容所は映画の題材としては格好のネタだ。人は「狂気」に抗いながらもそこに魅力を感じてしまう。

 それがフィクションならまだよいのだが、かつて科学の名のもとに患者や囚人を狂気へと追いやる、数多くの陰惨かつ非人道的な人体実験が行われてきた。数多く行われていたそれらの実験は未だ白日の下に晒されることなく闇に葬り去られたものもある。ここに挙げるのは、そのうちのほんのわずかの記録である。

■ 15. 3人のキリスト実験(アメリカ)

[画像を見る]

 1959年、社会心理学者のミルトン・ロキーチ博士は妄想の治療法を確立するため、自分がキリストであると信じる統合失調症の患者3人で実験を行った。3人を同じ病棟に入院させると、やがて彼らは誰が真のキリストであるか口論を始め、それは殴り合いにまで発展した。

 それが落ち着くと、彼らはより深い妄想の世界へと入り込んでいった。2人は、自らがキリストであることを疑わず、他の連中は気狂いだと信じ込んだ。1人は他の患者は実は死んでおり、機械に操られていると考えた。

 ロキーチ博士は実験を一歩進め、彼らに干渉するようになる。患者の1人であるレオという男は、イエティと結婚していると思い込んでいた。ある日、彼のもとに妻から手紙が届くようになる。大いに喜んで、人前で歌を歌ったり、タバコの特定の銘柄を吸うよう懇願されると、それを微塵も疑わず実行した。が、名前を変えるよう頼まれると、レオは離婚を考えるようになる。キリストとして馬鹿げているからだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年9月13日のびっくり記事
「本当に怖い、かつて精神病院や収容所で行われた15の人体実験(閲覧注意)」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    今でも同じように実験が行われている

    2
  • 匿名さん 通報

    731部隊 ペストを幼児に注入する 解剖して化学弾にするニホンザルはヒトモドキなので抹殺しましょう

    1
  • 匿名さん 通報

    偽日本人の特高警察がやった拷問に似ている。

    1
  • 匿名さん 通報

    全て日本軍がやっていたことだな。残虐の全てを集めたサイコパス民族。東城秀樹はゴミ漁りして生理ナプキンを集めていた

    0
  • 匿名さん 通報

    キチニホンザルヒトモドキ近親相姦猿は人間ではないシャブ中の精神異常者ゴキブリ

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。