なぜシャツのボタンは男女が左右逆なのか?

なぜシャツのボタンは男女が左右逆なのか?


 もともと日本は和服文化で、シャツは外国から入ってきたものである。そのシャツのボタンなのだが、男性は自分から見て右側に付いていて、それを左側の穴に通す形となっている。だが女性はその逆だ。

 一体なぜ男女で違いがあるのだろう?
 海外サイトにてその考察がなされていた。

 今では日本でもあたりまえのように着用しているシャツだが、男性のシャツはボタンが自分から見て右側についている。右利きの男性がボタンを留めやすいようになっているのだ。それに対し、女性のシャツはボタンが左側についている。大多数の人は右利きなのだから、女性のシャツだってボタンが右側にあるべきだろう。

 女性のシャツのボタンが左についている決定的な理由はないが、わずかながらいくつかの説があるという。

1. 母親になるから
[画像を見る]

 母親は昔からたいてい左手で赤ちゃんを抱き、利き手の右手がフリーになる。右側からスムーズにシャツをはだけて簡単に授乳ができるようにするために、左側にボタンが縫いつけられているという。

2. 馬に片鞍乗りするから
[画像を見る]

 昔は女性は馬に乗るとき、またがるのではなく、馬の左側に両脚をたらす片鞍乗りをしていた。馬で走るときに女性のシャツの胸にあまり空気が入らないよう、ボタンが左側につけられていたという。(右の身ごろが上になるので前方からの空気が入らないから?)

3. 上流階級の女性は使用人に服を着せてもらっていたから。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。