犬が人類の親友である理由が遺伝子レベルで明らかに。そのうちの多くが人間の発達障害や自閉症と関連性(スウェーデン)

犬が人類の親友である理由が遺伝子レベルで明らかに。そのうちの多くが人間の発達障害や自閉症と関連性(スウェーデン)


 飼い主への忠誠心の高さゆえに、犬は人類の大親友と称されるようになった。この度、こうした犬の人間に対する社会的結びつきを育む要因となった5種の遺伝子が発見されたそうだ。

 この発見は、過去数千年にわたって家畜化を犬のゲノムに組み込んできた遺伝子の変化を明らかにしたものだ。しかし、驚いたことに、スウェーデン、リンショーピング大学の研究者によれば、その四つまでが人間では自閉症などの社会障害に関連しているのだという。

 研究を率いたペル・イェンセン(Per Jensen)教授は、「犬が家畜化されて以来起きてきた、社会行動に大きな変化を生み出した遺伝子が初めて明らかになりました」と説明する。

 犬は最古の家畜化動物であり、1万5,000年前に人との暮らしを始めた。それ以来、人間とコミュニケーションを図り、協力し合うという、猫などの他の家畜にはない独自の能力を発達させてきた。祖先である野生の狼は人間と親しく交わることがあまりないが、犬の場合はそれとはかなり異なっている。

[画像を見る]

人間と密接な関係を築くのに関連性がある5種の遺伝子

 研究では、190匹のビーグル犬に、餌の入った容器の固く閉じられた蓋を開けるという、自力では解くことのできない課題を実施させた。このとき、部屋の中には人間がおり、犬が助けを求めるか観察された。なお、使用された犬の人間との経験はどれも似たようなものである。

 また、それぞれの犬のDNAは、ゲノムワイド関連解析という、ゲノム全体をカバーする主要な遺伝子型を特定する手法で調査された。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年10月6日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら