昆虫にも感情がある?マルハナバチが喜びの感情を持っていることが明らかに(英研究)

昆虫にも感情がある?マルハナバチが喜びの感情を持っていることが明らかに(英研究)


 人の感情を汲み取ることは容易ではない。だが、それが昆虫であればどうか?

 無論、ダーウィンの時代から、昆虫に感情らしきものがあることは推察されており、その難しさにもかかわらず、そうした状態を特定しようと研究が続けられている。

 これまでの研究で、ミツバチが悲観的認知バイアスを持つことは知られていたが、最新の知見によると、甘いご褒美によってミツバチの意思決定に変化が現れ、喜びを表すポジティブな感情が生じることが判明したそうだ。

 それは主観的な気分とは違うのだとしても、行動という点ではチョコレートバーが人類に与えることもある影響と同じような感じだ。

 一応はっきりさせておくと、実験を行なった研究者は、人間がスイーツを食べた後のように、甘い砂糖がミツバチを幸せな気分にするとは言っていない。だが、ご褒美はミツバチの脳の状態を変化させ、報酬をよりすばやく追い、恐慌状態からもすばやく回復できるようにするのだという。

[画像を見る]

 ミツバチに人間にあるようなポジティブな良い気分という何らかの主観的体験があるかどうかは、これまでのところ未回答のままだ。

 いくつかの最近の研究では、ミツバチの脳の構造は主観的な体験をもたらす可能性があると論じている。それは身体的な感覚と同じくらい単純なものかもしれないが、「良い気分!」といった大まかで捉えどころのないものではない。
 
 また別の研究からは、ミツバチの悲観のようなもののほか、ザリガニの不安のようなもの、恐怖のようなものを抱かせるミバエの防御的状態が発見されている。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。