11月14日はレッツ天体ショー!68年ぶりに最接近するエクストラ・スーパームーンを見逃すな!

11月14日はレッツ天体ショー!68年ぶりに最接近するエクストラ・スーパームーンを見逃すな!
[画像を見る]

 11月14日、1948年以来、68年ぶりの大接近となるスーパームーンがいよいよやってくる!天気にさえ恵まれれば、今月の満月はおそらく生涯の思い出になるであろう。

 お月様きらきら、普段よりも約14%大きく、30%明るく輝いてくれるのだ。

 近地点(月が地球に最も近づく位置)に到達する前後1時間以内に満月になり、通常のスーパームーンよりもさらに大きく見えることから、今回のスーパームーンは、エクストラ・スーパームーンとも呼ばれている。

21世紀最大の大きさに

 スーパームーン自体は年に4~6回起きるが、11月14日のスーパームーンは今世紀最大の接近を果たすという点で特別である。

 地球から見た月の大きさも、地球との距離が近いときには大きく、遠いときには小さく見える、また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するため、月が地球に最も近づく位置(近地点)や最も遠ざかる位置(遠地点)で距離は毎回異なってくる。

[画像を見る]

 冬のスーパームーンが特に大きいのは、地球が毎年12月に太陽に最接近するためだ。太陽の重力が普段以上に月を地球に引き寄せるのである。

 月の軌道は楕円形をしており、近地点では遠地点よりも48,280km地球に近い。近地点で朔望(地球、太陽、月が一線状に並んだ配置のこと)になったとき、月が地球を挟んで太陽の反対側にあれば近地点月となる。つまりスーパームーンだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年11月9日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。