息子スティックがどんどん縮んで死に至るだと?1960年代のシンガポールを襲った謎の奇病「コロ」

息子スティックがどんどん縮んで死に至るだと?1960年代のシンガポールを襲った謎の奇病「コロ」


 マレー半島の先端に位置するシンガポール。1967年、この街を信じがたい奇病が襲った。「コロ( koro )」あるいは「性器後退症候群」と呼ばれるそれは、あれよあれよという間に息子スティックが引っ込んでしまうというもので、手を放せば死んでしまうと怯えきった人々が数百人も病院に駆け込んだという。

 今日、シンガポールは世界有数の大都市であり、近代化の波によって昔の面影はすっかり消え去ってしまい、この奇病についても忘れられつつあるが、結構深刻な事態だったようだ。

最初の発症事例は1967年、16歳少年。豚が原因か?

 コロが流行の兆しを見せたのは1967年10月のことだ。記録されている報告書によると、16歳の少年が両親に連れられて診療所にやってきたというものがある。

少年は怯えて、青ざめていた。腹部に引っ込んでしまわないよう、懸命に息子スティックを引っ張っていた

 少年の両親は、缩阳(コロの中国名)にかかっていると医師に訴えた。そのまま後退が続けば死んでしまう、と。医師はクロルジアゼポキシドを10ミリグラム処方し、やがて彼の症状は和らいだ。

 この少年に異変が現れたのは学校においてだ。そこで豚コレラの予防接種を受けた豚肉がコロを発症させるとの噂を耳にした。

 その朝、彼は朝食に豚肉入りの肉まんを食べていた。用を足しにトイレに行き、下を見下ろすと息子スティックが縮んでいるような感覚を受けた。焦って、さっと息子スティックを手でつかむと、大慌てで両親のもとに帰り、助けを求めた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年11月11日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。