息子スティックがどんどん縮んで死に至るだと?1960年代のシンガポールを襲った謎の奇病「コロ」

[画像を見る]
1969年のシンガポール

奇病の正体は心理的なパニック症候群

 間も無く、病院は患者で溢れるようになった。豚肉の売り上げは激減。第一次産業省は豚コレラもワクチンも人体に無害であると発表したが、発症数は加速しているようだった。

 7日後、シンガポール医師会と保健省はテレビやラジオでコロ(缩阳)は心理的な症状であり、これによる死者はいないと情報を流し始めた。こうして症例は激減し、11月になるとまったくなくなってしまった。

 最終的に469件が記録された。ただし、漢方医の記録は含まれていないため、実際はさらに多かったと思われる。

 医師の診察を受けた患者全員が、発症前にコロの話を耳にしていた。流行後、漢方医師会は「コロの大流行は恐怖、噂、気候条件、心臓と腎臓の不機能が原因」と結論。一方、西洋式の研究チームは、「文化的な教化に関連するパニック症候群」と結論づけている。

[画像を見る]
1965年のシンガポール

 現在も、相変わらずシンガポールの中華街は漢方薬を売る店で溢れている。平べったいイカ、乾燥ナマコ、キノコ、牡蠣、樹皮などの瓶が並ぶ漢方薬店には、ひっきりなしに客がやってきて悪い箇所を訴える。それを聞いて店主は薬草やらなにやらを混ぜた漢方を処方する。

 だが彼らはコロの流行を覚えていないようだ。唯一知っている店員は、コロには虎の陰茎が効くと言った。シンガポールには売っていないのでタイに行くといいとも。そしてもし本当にコロなら漢方薬でなく医師に診てもらった方がいいとも。

via:viceatlasobscuraなど/ translated hiroching / edited by parumo

【息子スティックがどんどん縮んで死に至るだと?1960年代のシンガポールを襲った謎の奇病「コロ」】を全て見る

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。