素晴らしい特徴がありながらも絶滅してしまった10種の動物たち

素晴らしい特徴がありながらも絶滅してしまった10種の動物たち


 はるか昔に絶滅した動物を調べることは簡単ではない。それでも古生物学者の努力によって今では見るのことのできぬその生態を少しは推測できるようになってきた。最新の研究から明らかにされた絶滅した動物の奇妙な姿をご紹介しよう。

■ 10. ボートを作っていたかもしれないホモ・エレクトス

[画像を見る]

 人類の祖先について想像したとき、船乗りを思い浮かべたりはしないだろう。アフリカからアジアへ進出した彼らは徒歩で移動したと思う人が多いはずだ。

 1998年、インドネシア、フローレス島で石器が発見。80万年前のものとされ、ホモ・エレクトスが作成した石器であると推測された。彼らがここに到達するためには荒れた大海原を渡らねばならず、原始的なボートなり筏なりが必要となる。一般的には、そこまでの知能はなかったと考えられているにもかかわらずだ。

 これについては異論もあるが、クレタ島での発見はボート作成説を支持している。ここでは2011年に13万年前のやはりホモ・エレクトスが作ったものと考えられる石器が発見された。もちろん、クレタ島へは海路でなければ到達できない。

■ 9. 古生物学者を爆笑させたオパビニア

[画像を見る]

 控えめに言っても奇妙な姿をしたオパビニアは1912年に初めて記載された。1930年に復元されたときは上下逆さまの姿だった。さらに1972年に新たに復元し直された姿が公開されたが、学会では爆笑が起きたという。皆、冗談だと思ったのだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年11月15日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら