ニューヨークの運河を埋め尽くさんばかりの魚の大量死

ニューヨークの運河を埋め尽くさんばかりの魚の大量死


 11月14日(月曜)朝、アメリカ、ニューヨーク州ロングアイランド島の東、ハンプトン・ベイズにあるシンネコック運河では、水がまったく見えなくなるほどの大量の魚が発見された。魚は窒息状態でほぼ全滅しかけていたという。

[動画を見る]
Tons of Fish in Canal Struggle to Survive

 これらの魚はバンカーフィッシュと呼ばれているニシン科のアトランティック・メンハーデン(学名:Brevoortia tyrannus)で、大規模な集団で回遊することで知られている。スズキ、サバ、タラ、カツオ、ブルーフィッシュ、マグロなどが好んで捕食する魚だ。

[画像を見る]

 大群で運河を回遊中、水門が閉じられてしまった為に水中の酸素が減少し大量死につながったと考えられている。

[画像を見る]

[画像を見る]

 この光景を見た住人たちは、運河を埋め尽くした銀色に輝く魚が氷や霜のように見えたという。念のため、サフォーク郡保健局は、農薬などの混入や病原体の有無を調べるため水のサンプルを採取した。

[動画を見る]
2016 Bunker Fish Kill in the Shinnecock Canal

【ニューヨークの運河を埋め尽くさんばかりの魚の大量死】を全て見る

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2016年11月20日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら